コンビニエンスストアにも免税店があるのをご存知でしょうか

 

 

免税店というと、家電量販店や化粧品店などを思い浮かべる方もいらっしゃると思いますが、実はコンビニエンスストア(以下「コンビニ」)でも免税店があるのをご存知でしょうか。

 

コンビニでは取扱い単価が他店より安いため、あまり免税店としてイメージする事が少ないかもしれませんが、もちろん、輸出物品販売場として免税販売の要件を満たして消耗品や一般物品を販売するのであれば、消費税が免税となるのです。

 

一つ一つの単価が安いとしても、コンビニには化粧品や衣料品・飲食料品などで免税購入に適しているものもあります。

 

そのため、外国人観光客等が多く訪れる場所では、免税店の機能を有したコンビニがいくつかあります。

 

もちろん、コンビニで購入して日本国内で消費してしまうと免税対象とはなりませんが、観光地にあるコンビニで免税対象品を購入できる事が分かった外国人観光客等は免税購入をする可能性が高くなります。

 

しかも、免税購入しやすいように、コンビニの店内にあるATMでは、外国語にも対応していて、日本円での引出が出来る場合があるので、もし、手持ちで日本円がないとしても、その場で日本円を引き出して、そのお金で免税購入する仕組みもあるのです。

 

また、コンビニ店内ではWi-fi環境が設定されているところもありますので、外国人観光客等にとって使いやすい、利便性のある店舗となっています。

 

考えてみると、

 

「コンビニエンスストア」

 

ですので、利便性の追求がビジネススタイルの一つでもあるので、日本人に限らず多くの外国人観光客等が来店する可能性があるのであれば、その購買意欲を高めて、実際に購買してもらう仕組みを考えるのは自然の流れです。

 

そして、この流れは、特にコンビニに限ったものではないと思います。

 

他の業態にとっても大きなヒントとなるので、どのように集客・販売をすればよいのかを考えるきっかけにもなるはずです。

 

そして、おそらく、今後もコンビニは進化する事と思います。

 

 

コンビニエンスストアからは多くの事を学べます。